どうも、こぐまです

現在香港で行われている逃亡犯条例改正案に反対する
抗議活動から始まったデモですが、チャイナの締め付け
が水面下で厳しくなっているようです。

またデモを呼びかけた中心人物への襲撃など暴力を
もってデモを妨害する動きも活発になってきていた
ので心配していましたが、日本でも香港のデモに対す
支持を求めていた周庭(アグネス・チョウ)氏が、
今朝8月30日に警察に拘束されたとのニュースが
飛び込んできました。

31日には香港政府と中国政府に対する大規模なデモが
行なわれる予定だったようだが、その前日にデモの
中心人物が拘束された形になった訳です。

今は世界の目もあるし天安門事件の時のような露骨に
人民解放軍を使った弾圧は難しいのではないか?と
みる向きも多かったと思いますが、水面下で中心人物を
拘束してデモの空中分解を狙っているようですね。

アグネス・チョウ氏は日本のアニメで日本語を覚えたと
いう程の日本通であるので、日本のマスメディアも
日々人権や平等、平和を口にするなら、ここでこそ
大きくこの事件を報じて貰いたい所です。

現在入ってきているニュースでは具体的な容疑も
明らかにしていないようですが、そこはチャイナなんで
容疑など幾らでもでっち上げるでしょう。

アグネス・チョウ氏もなんとか無事に帰って来て欲しい
所ですが…
世界はまた中国の恐ろしさを目にするでしょう。
日本の左派知識人は中国の脅威など存在しないような
事をたびたび発言していますが、天安門からたった30年で
このような弾圧が繰り返されるのですから、中国は
なにも変わっていないと解ります。

それでは、次の記事で

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事